【超寿命!!】長期間使えるおすすめボディバッグ・強度5倍!バリスティックナイロン

普段使いで頻繁に使用するバッグは消耗が激しく、すぐボロボロになってしまいますよね。
消耗品だから仕方ない…と諦めて買い替えていませんか?

 

ならば最初から頑丈なものにすればいいだけのこと。

 

ということで今回紹介するのはバリスティックナイロンを使用した「長期間使用できるボディバッグ」

 

普段ボディバッグを頻繁に持ち運ぶ人にはおすすめ♪

バリスティックナイロンとは?

バリスティックナイロンの表面

あまり聞き慣れないバリスティックナイロンという素材。

 

実はこの素材、通常のナイロンより「5倍の強度」があり、その耐久性から防弾ジョッキや車のエアバッグの素材にも使われています。

 

バリスティックとは「弾道」という意味で、耐熱や耐摩擦に強いのも特徴。

 

ちなみにバッグだけじゃなく、ベルトやアウターなどアウトドア用品として一般向けに使われていてバリスターナイロンとも呼びます。

バリスティックナイロンの撥水性

バリスティックナイロンは生地表面で水が転がり落ちるように弾いてくれる撥水性があります。

 

防水との違いは以下の通り

 

・撥水は水を弾く
・防水は水を通さない

 

防水は主にレインコートや防水スマホケースなどに使われています。

 

バリスティックナイロンの撥水性について参考になる動画がありました。

 

 長期間使えるおすすめボディバッグ

【出典元・amazon.co.jp】

財布や携帯はもちろんペットボトルもスッキリ収納でき、耐久性に優れているポーターのボディバッグです。

 

【出典元・楽天】

耐久性に優れた素材

このバッグの表地にはバリスティックナイロンが使用されていて裏地には500Dポリエステルオックスを使用。

 

バリスティックナイロンの強度は上記で説明した通り防弾ジョッキや車のエアバッグに使われる素材」であるため耐久性は非常に高いバッグになります。

 

また底部にはターポリンという非常に防水能力の高い素材が使われており、直接床に置いて汚れてもすぐ拭き取ることができます。この素材は船上の防水シートとして使われています。

左右どちらの肩でも背負える

両肩対応ショルダー

ショルダーストラップにナスカン(ジョイントするやつ)があり両サイドにDカン(ナスカンを取り付ける器具)が備え付けられているので左右どちらの肩でも背負うことができ体にフィットします。普段使い慣れている利き肩を選べるのは嬉しいですね。

 

またちょうど肩あたりにパットが来るよう設計されているので重い荷物を入れても負荷は軽くなります。

メインエリアの収納性

メインエリアはダブルファスナー開閉でどちら側からも取り出すことができます。最近はこのタイプが多いですね。

 

リュックサックのような大容量ではありませんが、ちょっとしたお買い物の荷物ぐらいなら収納できますが基本的には自分の持ち物用程度でしょう。

 

ちなみにメインエリアにも小物収納スペースはありますが小物類は小物専用スペースをおすすめします。

バッグ内に詰められるもの(例)

長財布/単行本/スマホ/500mlペットボトル/ちょっとした買い物の荷物/その他小物類

※折り畳み傘も入るが7割程度消費されてしまう。

荷物の出し入れがスムーズにできる(サブエリア)

正面と裏面のサブエリア

バッグの正面と背面側に小物スペースがあります。

 

「背面側は左右どちら側からも取り出せる」ので頻繁に取り出したいスマホや財布を収納すると便利です♪

 

他にもショルダー付け根に2カ所、メインエリアに1カ所キーホルダーを装備。

まとめ

「一つのものを長く使いたい」そんな時はポーターシリーズで決まりです。少々高値ですが、しっかりした作りに世間の評価も高く実際に使いやすいのがポーターです。

 

本記事で紹介したボディバッグはバリスティックナイロンを使用した非常に強度あるバッグで長期間使いたい人におすすめかと。またユーザーの気持ちを考えた背面ファスナーやショルダーベルトが両肩に対応してる部分も評価ポイント。

 

PORTER HEAT

【出典元・amazon.co.jp】
W15cm×H34cm×D9cm/670g
表地(バリスティックナイロン)
裏地(500Dポリエステルオックス)

特徴

  • 耐久性に優れた素材を使用。
  • 背面ファスナーでサッと取り出せる。
  • 左右どちらの肩でも斜め掛けできる。
  • シンプルで服装に合わせやすい。
  • 普段荷物が少ない人におすすめ。
人気ボディバッグランキング

当サイトでは独自の市場調査に基づきボディバッグの「人気ベスト3」を抽出、良質だと判断した順にランキング形式で紹介しております。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事