リュック(バックパックの「特徴/種類/用途/選び方」を簡単解説

リュック(バックパック)の「特徴/種類/用途/選び方」を簡単に解説していきます。

 

解説内容

特徴…リュック(バックパック)とは、どんなバッグか?

種類…バッグに使われる素材の特徴。

用途…リュックの使い道や機能性。

選び方…失敗しない選び方の基本。

リュックの特徴

【出典元・amazon.co.jp】

リュックサックもしくはバックパックとも呼び、どちらも同じ意味で「リュックサックはドイツ語」「バッグパックは英語」になります。

 

両肩に背負うので「完全ハンドフリー」となり、体に触れる面積も多いので重たい荷物を持ち歩いても負担が少なく老若男女問わず人気が高い。

 

容量はピンキリでスモールサイズもあれば、ビッグサイズもあり、リュックサック一つで旅に出る人たちを「バックパッカー」と呼びます。ので、大きいサイズのリュックサックをバックパックと呼ぶこともあります。

バックパッカー

【出典元・楽天】

利便性の高いリュックサックですが「荷物が取り出しにくい」という難点もあります。背中に背負うので物を出すのにいちいち降ろさないといけなく頻繁に出し入れする場面が多い人には向かない。ただ最近では「背面にファスナー」が装備されてるいものが多く、そこから「背負いながらメインエリアの荷物を取り出せる」便利な機能付きリュックサックも登場しています。

背面ファスナー付きリュック
【出典元・楽天】

リュックの特徴/その他詳細

リュックの「容量」と「持ち運びやすさ」の目安
容量
持ち運びやすさ

容量

通勤通学用やスポーツ用、旅行用など様々な用途に対応できる容量があります。小容量から大容量までピンキリで自分の目的に合ったサイズを選ぶことができます。

持ち運びやすさ

背中に背負い完全ハンドフリーになります。体に触れる面積が広く持ち運び時の負担はかなり軽減されるのでバッグの種類ではトップレベルの持ち運びやすさでしょう。

リュックの種類

リュックの種類は「素材」に目を向けてみましょう。ここでは代表的な素材をピックアップしてみました。

 

素材別にそれぞれどのような特徴があるのか?解説していきます。

本革素材

本革リュックのイメージ

【出典元・amazon.co.jp】
素材の特徴
・天然素材で寿命が長い。
・合皮に比べ高値。
・独特な高級感がある。
・使うほど味が出てくる。
・小さい傷は自然に直る。
・合皮より重い。
・雨に弱い。

本革の表面図(例)
本革の表面

合皮素材

合皮リュックのイメージ

【出典元・amazon.co.jp】
素材の特徴
・本革に似せた人工素材で寿命は短い。
・本革に比べ安値。
・本革に比べ加工しやすくカラーが豊富。
・耐久性が高い。
・撥水性が高い。

合皮の表面図(例)
合皮の表面

エナメル素材

エナメルリュックのイメージ

【出典元・amazon.co.jp】
素材の特徴
・艶やかな光沢感がある。
・防水性が高い。
・手間がかかるので革より高値。

エナメルの表面図(例)

エナメルの表面

スエード素材

スエードリュックのイメージ

【出典元・amazon.co.jp】

※一部スエード(底部)

素材の特徴
・子羊や子牛の皮の内側を起毛させた素材。
・独特の暖かみがある。
・滑らかな肌触り。
・汚れがつきやすい。
・ブラッシングケアが必要。

スエードの表面図(例)
スエードの表面

キャンバス素材

キャンバスリュックのイメージ

【出典元・amazon.co.jp】
素材の特徴
・帆船の帆に使用されている生地。
・太い糸で縫った厚地の布。
・耐久性が非常に高い。
・水を通しにくい。

キャンバスの表面図(例)
キャンバスの表面

ナイロン素材

ナイロンリュックのイメージ

【出典元・amazon.co.jp】
素材の特徴
・ソフトな触り心地。
・摩擦に強い。
・汚れがつきにくい。
・生地が軽い。
・静電気が起きやすく熱に弱い。
・裏地によく使われる。

ナイロンの表面図(例)
ナイロンの表面

ポリエステル素材

ポリエステルリュックのイメージ

【出典元・amazon.co.jp】
素材の特徴
・通常ナイロンよりも強度がある。
・弾力性がある。
・シャリっとした肌触り。
・水に濡れてもすぐ乾く。
・保型性がありシワになりにくい。
・裏地によく使われる。

ポリエステルの表面図(例)
ポリエステルの表面

バリスティックナイロン素材

バリスティックナイロンリュックのイメージ

【出典元・amazon.co.jp】
素材の特徴
・通常ナイロンより5倍の強度がある。
・防弾ジョッキの素材と同じ。
・水を弾き、水を通さない。
・長期間使用できる。

バリスティックの表面図(例)
バリスティックの表面

コーディラナイロン素材

コーデュラナイロンリュックのイメージ

【出典元・amazon.co.jp】
素材の特徴
・通常ナイロンより7倍の強度がある。
・耐水性がある。
・長期間使用できる。

コーデュラの表面図(例)
コーデュラの表面

 

リュックの用途

リュックの代表的な「用途や機能性」について解説していきます。

 

旅行のサブバッグに使える

【出典元・楽天】

1泊~2泊程度ならリュック単体でも十分です。しかし長期的な旅行のサブバッグとしても相性がいい。

 

というのも「完全ハンズフリーになる」「背中で背負うため持ち歩きの負担が軽減される」「容量があるのでお土産や衣類もたっぷり収納できる」など、ボストンバッグやスーツケースといった大容量バッグと組み合わせればまさに鬼に金棒です。

 

また海外旅行では旅客機を利用すると思いますがサイズに制限はあるものの機内に持ち込むこともできます。

通勤通学に便利

たくさんの荷物を持ち歩ける容量と、長時間持ち歩いても疲れにくいリュックは通勤通学でも活躍してくれます。またハンドフリーになるので電車の吊輪や自転車移動、何かあった時とっさに使える両手があれば安全性も高く毎日の通勤通学には便利なバッグかと。

 

また通勤通学では選ぶリュックが少し違うので確認しておきましょう。

通勤で使用する場合

【出典元・楽天】
混雑する場所で押しつぶされたり、何かにぶつかったりした時、精密機械(仕事で使うPCやタブレット)を守ってくれる「衝撃吸収材が使われた収納スペース」や、突然の雨から大事な書類を守ってくれる「防水性の高い」ものを選びます。
通学で使用する場合

【出典元・楽天】

教科書やノートなど比較的重い荷物を持ち歩くので「耐久性」と「持ち歩きの負担を軽減してくれるもの(太めのベルトなど)」を重視しましょう。サイズはA4サイズ以上は最低限ほしいところ。

リュックは「大容量」で「運びやすく負担が少ない」ことから毎日の通勤通学には非常に便利なものでしょう。

普段使いなら機能性を重視

【出典元・楽天】

普段使いとしてならそこまでの容量は必要としません。っとなるとほしい機能は「出し入れのしやすさ」でしょう。「背負いながら取り出せる背面ファスナー」や、財布や鍵などすぐ取り出したいものを収納しておける「小物ポケットの数」など、機能性に特化したリュックは普段使いにぴったり。

 

機能性はどんなシーンでもあるに越したことはありません。普段使いとして検討されてるなら「どんな場面でどんなことができる機能がほしいか?」を考慮し自分のライフスタイルに合うものを見つけてみましょう。

スポーツ用なら軽量で体にフィットするもの

【出典元・楽天】

軽量で大容量な登山用や、体にフィットするコンパクトなサイクリング用など、リュックはさまざまなスポーツシーンでも活躍してくれます。

 

他にも屋外で考えられる突然の雨に対応できる防水性や、激しい動きに耐えられる耐久性、背面にクッションが入っていてムレにくいもの、ショルダーパットが幅広く長さが調整できるものなど、スポーツ用リュックを選ぶ上では重要な項目でしょう。「どんなスポーツに使うのか?」「そのスポーツに適応できるものか?」を十分確認して最適なリュックを探してみましょう。

ファッション別にリュックのタイプ(形)を決める

リュックにはいくつかのタイプがあります。「どんなファッションが、どんなタイプに合うのか?」の主な具体例をいくつかピックアップしてみます。

フラップ型

【出典元・楽天】

フラップタイプは上部にフタがついていてアウトドア感があるデザインです。のでリュックサックと呼ぶより「バックパック」と呼ばれます。

カジュアル全般でラフなコーデに最適。
ラウンド型

【出典元・楽天】

ラウンドタイプの上部は放物線を描いたデザインで実用性に優れています。主にデイパック(一日に使う荷物を持ち運ぶ用のリュックサック)に多いデザインです。

カジュアルからキレイめまでオールラウンダーに合せられる。
スクエア型

【出典元・楽天】
スクエア型は全体が四角い形をしています。長方形のデザインが多くシルエットがシュッとしているのでスタイリッシュに見えます。
スマートなキレイめコーデに最適。

失敗しないリュック(バックパック)の選び方

失敗しない選び方の基本は大きく分けて以下の二通り。

 

  1. 用途別に選ぶ方法
  2. 人気リュックランキングから選ぶ方法

 

では二つの要点をまとめます。

用途別に選ぶ

「何に使うのか?」「何を入れるのか?」っと「用途(目的)を明確」に決めておくことで失敗のリスクを減らすことができます。例えば、旅行用で使う場合は「泊数」で容量を選んだり、ピクニックやキャンプといったアウトドア用なら防水性も大事です。他にも通勤用ならスーツに合うカジュアル過ぎないデザインやカラーを選びます。

 

当サイトでは用途に適したおすすめリュックをいくつか紹介しています。用途に対する選び方や評価もわかりやすく解説していますのでご参考ください。

 

人気リュックランキングから選ぶ

人気ランキングで上位なものは評価が高く、レビューも多い。つまり「人気がある」ものはそれだけ「良質」ということです。

 

選び方の流れは以下の通り。

 

「本当にランキング上位の評価なのかを見る→レビューを確認する→自分に合うものかどうか決める」

 

評価やレビューは思いがけない利点や欠点がわかる参考材料になるので失敗のリスクを減らすことができます。注意点としては「評価が高い」「レビュー数が多い」からといって「自分に合うかどうか?」をしっかり確認しておかないと失敗する原因になるので必ず「使用目的」をはっきりさせ、自分にとって最適なものを選ぶようにしましょう♪

 

そこで当サイトでは独自の市場調査に基づき、評価の値やレビューを参考にランキング形式で人気リュックを抽出しています。人気上位なものは「人気の理由」が必ずあります。ご参考ください。

 

人気リュックサックランキング

当サイトでは独自の市場調査に基づきリュックサックの「人気ベスト3」を抽出、良質だと判断した順にランキング形式で紹介しております。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事