お土産が入らない!を解決!旅行用ファスナーキャリーバッグ【POP-DO FK1212-1】

旅行中ついついお土産を買い過ぎてバッグに収まりきらなかった…ということはありませんか?

 

お土産が増えたら手荷物も増え移動が大変になりますよね。

 

だからと言って必要以上に大きいサイズにしても、それはそれで大変。

 

この記事では普段はコンパクトに、必要に応じて容量が増大し「お土産をスッポリ収納してくれる」キャリーバッグの紹介と、サイズ選びの目安を見ていきましょう!

お土産をスッポリ収納させる方法

最も大事なのは荷物が入るか入らないかです。家を出て帰ってくるまで、しっかり収納してくれるかどうか。

 

次の二点は、旅先で増えてしまう荷物を収納するための解決策です。

ファスナータイプのキャリーバッグを選ぶ

ファスナータイプのキャリーバッグ

出発前ですでに荷物をパンパンにしていませんか?荷物は増えることはあっても減ることは少ないです。

 

例えば必ず増えるものと言えば「お土産」

 

このスペースを確保しておかないと旅先で手荷物が増えてしまいますよね。

 

だからといって大きすぎるサイズだと持ち運びが大変になってしまいます。解決策としては

 

  • 普段は「コンパクト」
  • 荷物が増えたら「容量を増大させられるファスナータイプを選ぶ」

 

ファスナータイプとは開閉部がファスナーになっているキャリーバッグのことです。
このタイプは容量を必要に応じて増大できるのでお土産など増えた荷物を収納するのに非常に便利。

適切なサイズ選び

何度も旅行へ行かれてる方はだいたいわかるかもしれません。しかし、慣れない方だと3日なら何ℓ、5日なら何ℓだな。なんてパっとわかりませんよね。

 

ここでは"何日使うか"である程度の目安サイズを覚えておきましょう!

 

計算式がこちら

 

「使用する日数×10ℓ=必要な容量(ℓ)」

 

例えば3日間旅行へいくなら
3日×10ℓ=30ℓ

 

30ℓが目安の量になります。ただ男性や女性、大人か子供で個人差はあるので、あくまで目安の容量になります。

海外旅行用ならTSAロック付きを選ぶ

施錠のイラスト

海外旅行で荷物を預ける際はバッグのロックを外してから預けないといけません。

 

頻繁に海外へ行かれる方はこの作業が面倒だったり、セキュリティー面でも不安になってしまいます。

 

しかし「TSAロック」がバッグに備え付けられていればいちいち開錠しなくてもロックしたまま荷物を預けることができるので海外旅行用でお探しの方はTSAロックが備え付けられているものを選ぶと楽ちんです♪

お土産をスッポリ収納!!おすすめキャリーバッグ

【出典元・amazon.co.jp】

女性に人気のかわいいキャリーバッグです。

 

一見普通のキャリーバッグですが増えた荷物、お土産をスッポリ収納してくれるありがたい機能が備わっています。

 

【出典元・楽天】

バッグの容量を増やしてお土産も楽々♪

バッグ自体の容量を旅行中増大させることができる優れもの。

 

例えば出発前はコンパクトに持ち運び、お土産が増えたら容量を拡大させスペースを確保させます。

 

これは「マッチアップファスナー」という"ファスナー"の開閉機能で可能にしています。
※普通のキャリーバッグは金属のフレームタイプを使用しています。

 

実際どれほど容量が増えるのかと言うと

容量がアップした図

 

  • Lサイズで89L→102L「13Lアップ!!」
  • Mサイズで56L→65L「9Lアップ!!」
  • Sサイズで30L→33L「3Lアップ!!」

 

じゃぁ最初から大きいサイズでいいんじゃ??と思いますが、やはり旅行では極力コンパクトにしたいところ。

 

この機能は荷物が限界を超えてから活躍してくれるので無駄がありません。

宿泊数別に選ぶ

普段何泊する旅行が多いか?で選びます。

 

このキャリーバッグのサイズ選び目安がこちら。1泊~14泊の間と幅広い。

 

Lサイズ 約7~14泊
Mサイズ 約4~7泊
Sサイズ 約1~3泊

ボディは傷が目立ちにくい加工

このキャリーバッグには「エンボス加工」が施されています。

エンボス加工拡大

※(例)エンボス加工

 

エンボスとはツヤのない無数の細かい凹凸がある表面加工で、触ると動物の皮のようにザラザラしていて傷や汚れを目立たなくしてくれます。

 

表面がツルツルの「鏡面加工」と違って見た目は美しくありませんが、傷や汚れに神経質な人は間違いなくエンボス加工にするべきです。

海外旅行時の面倒な開錠がいらない・TSAロック

海外旅行で荷物を預ける際は開錠した状態でないといけません。これは不審物をチェックするためのルールとして定められています。

 

しかしTSAロックは「施錠したまま」預けられるのでいちいち開錠する手間が省けます。

 

もし不審物と判断されてしまった場合信頼できるTSA職員が秘密のツールで開錠し検査が終われば元に戻すのでセキュリティー面は万全。このシステムは今後世界基準で採用されていく可能性が高い。

 

※2018年現在アメリカの空港及び、ハワイ、グアム島、サイパンが採用されています。

まとめ

旅行中は常に何があるかわかりません。お土産が予想以上に増えたり、海外旅行で施錠を破壊されてしまったりなどよくある話です。ここはしっかり対策しておきたいところですね。

 

というわけで本記事で紹介したのは「容量が増大できるマチアップ機能」や「海外旅行でも安心のTSAロック機能」があるキャリーバッグです。出発時はコンパクトに、荷物が増えたら容量を増大でき、海外旅行では安心して預けられるTSAロックは必須かと。

 

POP-DO FK1212-1

【出典元・amazon.co.jp】
W53~75cm×H36~53cm×D24~30cm
3500~5000g/エンボス加工+ABS樹脂

特徴

  • 容量を増大するマチアップ機能がある。
  • エンボス加工で傷汚れが目立たない。
  • TSAロックで海外旅行も安心。
  • カラーが豊富。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事